MENU

MEDICAL
歯周病治療

歯周病は日本人における
「歯を失う原因第一位」

歯周病とは、細菌が歯の根に沿って入り込み、歯を支える組織(歯周組織)を少しずつ崩壊させていく感染症で、日本人の30〜40代の80%は感染していると言われています。
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では、日本歯周病学会に所属している院長が、より専門的な知識・技術を持って重症化した歯周病治療にも対応しています。

歯周病と全身疾患には
深い関係が

*

歯を失うだけにとどまらない、
歯周病の恐ろしさ
歯周病などのお口の病気を軽く見ている方は多くいらっしゃいますが、その考えは大変危険です。
歯を全て失ってしまった人は抑うつになるリスクが高くなると言われているため、「歯を失う原因第一位」である歯周病は特に注意が必要です。さらに、近年では歯周病菌の毒素が血流にのって全身を回り、糖尿病/動脈硬化/心筋梗塞/脳梗塞/早産などを引き起こす可能性があるという報告から、全身の病気と深い相互関係があることが分かってきました。
そのように、歯周病が原因で高まるリスクはお口の中だけにとどまらないため、心身の健康を守るためにも、お口の健康を維持していきましょう。
  • 糖尿病

    歯周病・糖尿病という2つの生活習慣病の関係はとても密接で、糖尿病の方は歯肉炎や歯周炎になっている人が多い傾向にあり、さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという報告があります。また、どちらかの治療で双方が改善されたという調査結果もあり、良い面でも悪い面でも互いに影響し合うことがわかってきました。

  • 動脈硬化・心臓疾患

    動脈硬化は血管の壁が厚く・硬くなり血管内が狭まることで引き起こされます。また、血液の通り道が細くなることは心臓疾患にもつながります。歯周病は一見関係ないように思えますが、歯周病菌は血流に侵入し、血管内に炎症を起こしたり、沈着物を作ってしまうため、動脈硬化・心臓疾患にも影響を及ぼすことがわかってきました。

  • 早産・低体重児出産

    血中に侵入した歯周病菌が胎盤・子宮に入り込み、早産や低体重児出産を引き起こすリスクが高くなるという報告があります。
    その危険率は7倍と言われ、アルコールや喫煙、高齢出産などよりもはるかに高いです。母子ともに健康な出産をするためにも、妊娠中はもちろん、妊娠前から歯周病予防に努めましょう。

歯周病の進行と
それぞれの治療方法

*

手遅れにならないよう、早めの受診を
歯周病は歯茎が赤く腫れる程度の「歯肉炎」から始まり、初めのうちは痛みもないため放置する方が多いですが、歯茎やあごの骨(歯槽骨)などの歯周組織を壊しながら「歯周炎」へと進行します。歯周炎は軽度・中度・重度という段階に分けられ、重度になると歯が抜け落ちることもあります。さらに、歯周病は感染症のため、気付いた時にはお口全体が罹患しているということも…
歯周病は「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれる、要注意の感染症です。駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では歯周病の検査・治療を行っていますので、気になる方はできるだけ早めに当院までお越しください。
虫歯はこうして進行します
  • *

    歯肉炎
    歯の表面に虫歯が
    できます

  • *
  • *

    軽度歯周炎
    虫歯が神経に近くなり、
    冷たいものがしみます

  • *
  • *

    中等度歯周炎
    熱いものがしみて、
    ズキズキ痛みます

  • *
  • *

    重度歯周炎
    神経が死んでしまい、
    痛みを感じなくなります

  • *

    軽度歯周病(歯肉炎・軽度歯周炎)の場合:
    スケーリング
    毎日歯磨きをしていても、磨き残しがあることで歯垢(プラーク)が蓄積します。蓄積された歯垢は放置してしまうと石灰化して歯石になり、通常の歯磨きでは取り除けなくなってしまいます。さらに、歯石が溜まった歯の表面はザラザラになるため、より一層汚れが付着しやすくなります。
    この悪循環から抜け出すために、駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では、歯科衛生士がスケーラーと言う器具を用いて歯の表面の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を徹底的にきれいにする「スケーリング」を行います。
  • *

    中度歯周病(歯周炎)の場合:
    ルートプレーニング
    中度まで進行してしまった歯周病は歯周ポケットの内部にまで歯垢や歯石が付着しているため、スケーリングに加えて歯の根(ルート)をきれいにする「ルートプレーニング」も行っていきます。
    ルートプレーニングでは歯周ポケットの奥まで歯垢・歯石を取り除くのはもちろん、歯周病菌に感染してしまった歯質も除去するため、歯や歯の表面がつるつるに仕上がり、しばらくは歯垢・歯石が付着しにくくなります。
  • *

    重度歯周病(歯周炎)の場合:
    歯周外科治療
    重度まで進行してしまった歯周病は、スケーリングやルートプレーニングでは届かないほど歯周ポケットの奥深くまで歯石などの汚染物質が付着しています。
    進行状況によっては歯茎の切開や、歯周病により溶けてしまった骨の回復を行う歯周組織再生治療などの外科的な処置が必要な場合もありますが、駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では安全に配慮した適切な外科処置を行っていますので、安心してお任せください。
歯周病は
「予防」することが一番

*

まずはならないように予防しましょう
歯周病にはさまざまな高度治療があるため、重症化してしまっても回復を図れる可能性はありますが、そもそも歯周病にならなければ治療をする必要も、歯を失うリスクを抱えることもなく、身体にとっても一番負担がかかりません。
歯みがきなど毎日のセルフケアで汚れを取り除くことはもちろん、セルフケアで除去しきれない歯垢・歯石を除去するためにも定期的に歯科医院にお越しください。
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では歯垢・歯石の除去はもちろん、歯周病を繰り返さないよう、歯の健康チェックと正しいブラッシング指導を行っています。
CHECKTABLE
「歯周病とは無縁」そう思っている方も!
歯周病の症状をチェック
  • 朝起きるとお口の中がネバネバする

  • 歯と歯の間に食べ物がよく挟まる

  • 歯磨きをすると血が出る

  • 口臭が気になる、周りに指摘された

  • 歯がグラグラする、浮くような感覚がある

  • 歯茎が赤く腫れた、膿が出ることがある

  • 歯茎が下がったように見える

  • 硬いものが噛みづらい、噛むと痛む

一つでも当てはまる方は、
国家資格を持った歯科医師・
歯科衛生士にぜひご相談ください
  • お知らせ
  • ブログ
  • 活動報告
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る