MENU

MEDICAL
矯正歯科

歯並び・噛み合わせは
健やかな生活を支える

歯並び・咬み合わせを整えると見た目の美しさはもちろん、歯周組織や顎関節へかかる負担の軽減、虫歯・歯周病のリスクの低下、全身の健康状態の向上にもつながります。
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では患者さん一人ひとりに適切な矯正歯科治療を行い、自然な笑顔で健康的な生活を送れるようにサポートしています。

歯並びでの
お困りごとはありますか?
デコボコしている
デコボコ
している
受け口が気になる
受け口
気になる
すきっ歯を治したい
すきっ歯
治したい
出っ歯で悩んでいる
出っ歯
悩んでいる
口が閉まらない
口が
閉まらない
咬み合わせが深い
咬み合わせ
が深い
  • *
  • *
矯正治療相談のご案内
*

ご自身やお子さんの歯並びについてお悩みだったり、矯正治療をするべきか迷ってはいませんか?
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では矯正治療の相談に無料でお答えし、みなさまの不安を解決するお手伝いをしています。
相談を受けたからと無理に治療をすすめることはありません。矯正治療に対する疑問、かかる費用・期間についてなど、何でもお聞きください。

  • ご予約・お問い合わせ
    お電話はこちら
  • 初診限定WEB予約
歯・身体・心に
影響を及ぼす可能性も
  • 歯への影響

    への影響

    TEETH

    • 虫歯や歯周病のリスクが高くなる
      でこぼこした歯並びは歯垢がたまりやすく、歯ブラシも細かい部分まで行き渡らずにケアが不十分になる…。つまり、歯並びを整えると虫歯・歯周病のリスクも低くなるのです。そのことから、矯正治療は予防歯科の1つと言っても過言ではありません。
    • 矯正治療以外の治療効率を低下させてしまう
      乱れた歯並びが邪魔をしてしまい治療器具が操作しづらい、歯並びが悪くて虫歯部分が確認しづらいなどのトラブルから、矯正治療以外の一般的な治療が難解になり、治療の効率が下がってしまうことがあります。
  • 身体への影響

    身体への影響

    BODY

    • あごの関節、消化器官など…身体の健康に影響が出ることも
      歯並びが悪いと十分に噛み切れていない食べ物を飲み込むことが多くなり、あごの関節や消化器官に必要以上に負担がかかってしまうことがあります。それにより全身のバランスが崩れ、一見関係ないような肩こり・頭痛の原因になることも…
    • 体の成長・発達が遅くなることがある
      成長期に歯並びが悪いとお口の筋肉や骨の成長を阻害し、咀嚼機能(噛むこと)の発育が不十分になる危険性があります。つまり、栄養を体の中に十分に送り込めなくなる=体全体の成長が遅くなってしまうことがあります。
  • 心への影響

    への影響

    MIND

    • 咀嚼・発音のしづらさから対人関係に不安が生まれる
      咬み合わせが逆、前歯が噛み合っていないなど、歯並びの程度によっては発音・発語に影響が出ることがあります。うまく伝えられないことから会話などにためらいを感じ、対人関係のストレスにつながることもあります。
    • 見た目を気にして精神的な負担がかかってしまう
      歯並び・噛み合わせは、お口はもちろん顔立ちにも大きな影響を与えます。ご自分の見た目を気にするあまり、人前で話すことや笑うことを恐れてしまい、精神的に負担を抱えてしまうこともあります。
子どもの矯正治療

*

初期治療(第一期)と本格治療(第二期)の2段階
子どもの矯正治療は乳歯と永久歯が混在する時期に始める第一期矯正治療(初期治療)、永久歯が生え揃うころに始める第二期矯正治療(本格治療)の2段階に分けられます。
成長段階の子どもの矯正治療は大変効率が良いため、本人へかかる負担はもちろん費用の軽減にもつながります。お口の状態によっては第一期・第二期の両方の治療が必要な場合や、片方のみで完了する場合もあるため、駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院ではまずはお口の状態を確認し、最適な治療プランをご提案します。治療計画にご理解・ご納得いただけましたら治療を開始しますので、お子さんの受け口や出っ歯など、気になる歯並びはお気軽にご相談ください。
  • 第一期矯正治療
    5才〜12才頃

    混合歯列期という、乳歯と永久歯が混在する時期に治療を行います。
    成長に合わせて歯列の幅を広げたり、あごの成長を促進・抑制したりなど、成長段階ならではの治療で土台から歯並びを整えていきます。
    ご自分やご家族で取り外し可能な矯正装置が多く、負担・痛みもほとんどありません。

  • 第二期矯正治療
    12才頃〜成人

    永久歯が生え揃う時期に開始する治療です。
    生え揃った永久歯を移動させて歯列を整える、基本的には大人と変わらない治療になり、正しく美しい歯並びを完成させていきます。
    年齢に上限はありませんが、歯や体への負担軽減のためにもできるだけ早い段階から治療を開始されることをおすすめしています。

大人の矯正治療

*

矯正治療に年齢制限はありません
成長期である子どもの頃に矯正治療を始めるメリットは多くありますが、だからと言って成人してからの矯正治療は遅いということではなく、実際に矯正治療を始められる大人の患者さんも多くいらっしゃいます。きれいな歯並びで長年抱えていた見た目のコンプレックスがなくなるため精神的にも健康になり、お口のケアの効率も上がるため、虫歯・歯周病の予防にもつながります。
さらに、噛み合わせは全身の健康に影響していることも多いため、矯正治療をしたら頭痛・肩こりも改善されたという報告もあります。
  • お知らせ
  • ブログ
  • 活動報告
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る