MENU

MEDICAL
口腔外科

親知らず、外傷など
お口に対する外科治療

口腔外科とは、親知らず/顎関節症/事故・ケガによる歯の破折や口腔内の裂傷など、虫歯や歯周病とは異なる症状や疾患(病気)に行う外科的な歯科治療のことを言います。
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では、先進設備の導入と衛生管理を徹底した完全個室診療室にて、細心の注意を払いながら治療を行っていきます。

口腔外科で対応する主な症状
  • 埋伏歯
    (親知らず)

    斜めに生えた親知らずが痛んだり、一部分しか出てこない。親知らず周辺の歯茎に腫れや痛みがある。

  • 外傷

    事故などのケガが原因で、口の中が切れたり歯が折れた。転んだ際に口をぶつけ、歯が抜けた・ぐらつく。

  • 顎関節症

    あごを動かすと痛みを感じたり、カクカクと関節の音が鳴る。口が開けにくく、最大まで開けても指が縦に3本入らない。

  • 良性腫瘍

    歯茎やお口の粘膜、あごの骨などに腫瘍(できもの)ができ、その腫瘍に痛み・刺激を感じる。

  • 口腔粘膜疾患(口内炎)

    お口の中の粘膜が赤くただれている。
    お口の中に小さな潰瘍があり、触れると痛みがある。

  • 舌痛症

    舌や歯肉に炎症などの目立った異変がないにも関わらず、舌に焼けるような痛みやピリピリとしたしびれがある。

上記以外にも様々なお口の疾患に対応いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

親知らずについて

*

親知らずはたくさんのトラブルを引き起こす
親知らずとは10代後半から20代前半にかけて生えてくる永久歯です。
現代人はあごが小さい方が多いことから、親知らずの生える場所が確保されにくい傾向があります。前方に傾いている、歯が一部分だけしか出てこないなど、生え方や位置が正常でなかったり、骨や歯肉の中に埋まったまま親知らずが萌出しない「埋伏歯(まいふくし)」と呼ばれる状態になる可能性も高いです。
親知らずが周囲の歯を圧迫して歯並びを乱して隙間に虫歯ができやすくなったり、埋伏歯と歯肉の隙間から細菌が侵入して歯茎が化膿してしまったりと、さまざまなトラブルを引き起こすことも…

*

状態に応じ、抜歯が必要かを判断します
まっすぐ生え、噛み合わせにも影響のない親知らずは急いで抜く必要はありません。
しかし、痛みがなくても親知らずの位置や向きによっては手前の歯を少しずつ圧迫しており、知らず知らずのうちに歯並びが乱れてしまうことがあります。圧迫されているのに気がつかずに放置していると突然かなり激しい痛み・腫れが生じ、口があけられないほど腫れがひどくなったり、痛みから食事が取れないなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。
親知らずの抜歯の有無を自己判断することは大変危険です。親知らずに気になる症状がある場合はできるだけ早めに歯科医院へお越しください。
顎関節症について

*

顎関節症は生活習慣など
日々の積み重ねで起こる
日常的に頬づえをつく/食いしばり・歯ぎしりの癖がある/歯並びや噛み合わせが悪い/1日中ガムを噛んでいるなど…
日々、無意識に行っている癖や習慣があごに必要以上の負担をかけていることがあります。
一つひとつは小さくても、それらの要因が複数重なることで顎関節症を引き起こすきっかけになると考えられています。
駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院では顎関節症の治療にも対応しています。日頃の癖・習慣、顎関節症の症状から思い当たることがありましたら、お気軽に相談にお越しください。
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
日常生活ではいろんな場面であごに負担がかかっています。
奥歯を食いしばらず、あごをリラックスさせることが大切です。
CHECKTABLE
思い当たる項目はありませんか?
顎関節症チェック
  • 会話・食事であごがだるくなる

  • 口を大きく開けても指が縦に3本入らない

  • 噛むとこめかみ・耳の付け根が痛む

  • 突然、口が開かなくなった

  • 口の開け閉めで「ガクン」と音がする

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度
歯医者へお越しください!
口内炎など
口腔内のできものについて

*

「できもの」がなかなか治らなければ
早めに受診を
お口の中の粘膜や歯茎にできものができた場合、「口内炎ができた」と思われる方は大半です。
口内炎は要因さえなくなれば1〜2週間で治りますが、痛みのないできものがだんだんと大きくなったり、なかなか治らない場合は、口腔がんや良性腫瘍の可能性もあります。
2週間以上症状が治らなかったり悪化が続くようであれば、駿河区新川の歯医者 宇土歯科医院へご相談ください。
  • 口内炎

    歯の被せ物・詰め物が尖っていたり、入れ歯がズレているなどの原因でお口の中に慢性的な刺激が与えられることで、潰瘍(かいよう)=口内炎になることがあります。灰白色や黄色の平たい膜で覆われており、痛みは少なく、1〜2週間程で治ります。
    口内炎を繰り返さないために、歯科医院で入れ歯を調整したり、尖った被せ物や詰め物を丸めるなど、原因の改善をしましょう。

  • 口腔がん

    胃ガンや肺ガンなどのように、口腔ガンはお口の中にできる悪性腫瘍です。他臓器のガンと違い目で見ることが可能なため、自分で発見できる場合があります。
    しかし、口内炎・潰瘍と類似する見た目で、他の潰瘍とよりも痛みが少ないため、気付かない場合も多いです。2週間以上治らない口内炎がある場合は、早めに受診しましょう。

  • お知らせ
  • ブログ
  • 活動報告
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る